ブログ

皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

家庭と系譜と民族

古代の伝統的家庭、中国の伝統的風習では、大家族が最も重く見られ、上に両親、祖父祖母、下に息子や孫がいるという四世代、または五世代が一緒に住むということは、人々の理想とされており、分家することはその一族の恥とされてきたのです。このような伝統的な大家族の管理体制は家父長制のもので、家庭での等級は厳しく、一家の長は家族の事柄を処理する上では絶対的権威があり、目下のものには、一般に言って発言権と決定権があるのです。

子供を養い、老後に備えるー「养儿防老」(yǎng ér fáng lǎo)は中国の家庭では昔からの老後対策です。つまり、親には子供を生んで成人になるまで育てる義務があり、子供には晩年の親を大切にし、真心を持って尽くすという義務があるとされていたのです。

現代の中国家庭、20世紀に入り、特に1949年以降、中国人の家庭には大きな変化が現れました。いまの中国の家庭は益々多様化し、主には小型化していき、直系化しているのです。いま、都市であろうと農村であろうと、若い人たちは家庭の小型化を最初に選びます。都市では大多数の家庭は夫婦と一人の子供か二人の子供だけからなりますが、農村では三世代、または四世代が一緒に暮らす家庭がなおも多いという状態にあります。

第10課後半-御社は現地でより多く鮮魚を販売する計画ですね。

それでは、今日の勉強に入りましょう。今日は第10 課後半を勉強しますが、まず、今日のスキットを聞いてみてください。

 御社は現地でより多く鮮魚を販売する計画ですね。

 你们公司,计划在当地开展鲜鱼的买卖。是不是?

 はい。とりわけマグロ市場を開拓したいと思います。

 是的。我们特别希望开拓当地的金枪鱼市场。

 では、単語と言葉を説明します。

 一つ目:計画するーー「计划」の「计」は第4声、「划」は第4声です。

 二つ目:切り開くーー「开拓」の「开」は第1声、「拓」は第4声です。

 三つ目:とりわけーー「特别」の「特」は第4声、「别」は第2声です。

 次は「キーポイントをマスターしよう」のコーナーです。今日は「特别」の使い方について、お話します。

 「特别」は「特に、とりわけ」という意味です。例えば、

 彼は音楽、とくわけクラシック音楽が好きです。

 他喜欢音乐特别是古典音乐。

 彼女が鮮やかな色、特に真っ赤な色が嫌いです。

 她不喜欢鲜艳的颜色,特别是大红色。

 彼はとりわけ日本庭園に興味があります。

 他特别喜欢日本的庭院。

胡同と四合院

「胡同(hú tòng,フートン)」とは、北京特有の古い路地です。北京ではほとんどの胡同が紫禁城を中心にしており、その大部分が元、明と清の三つの時代に出来ました。胡同は、はじめは住む人の社会的地位の高さを基に配置され、紫禁城に近ければ近いほど、その住む人の地位は高かったのです。特に、紫禁城の近くの東西にそれぞれある胡同には貴族や高官が住み、紫禁城の南北にある胡同に住むのは一般庶民だったのです。

胡同にはそれぞれ名前があり、それに名目が多く、役所など当時の政府筋の機構、宮殿や寺院、倉庫や作業場、橋、河川、市場、商品や器物、人物の名前、景色や民情などから胡同の名称をつけ、その多くが今でも使われています。

胡同の住民は最初は一族が集まり住んでいたもので、数世代の人々による大家族をなしていましたが、のちに異なる家族が混ざって住むようになることが増えました。北京の胡同の伝統的な住まいは、真中に庭を囲み四方にそれぞれ平屋の建物があるもので、このような配置のものを四合院(sì hé yuàn)といいました。これら四合院はきちんと建ち並び、東西南北と方向がはっきりしていて、それぞれ並んだ四合院を両側に分けて続く横丁が胡同なのです。このような伝統的な秩序ある配置は、中国の北方では代表的な住まいの一つになったのです。

若者婚姻の著しい変化

このほど発表された「現代中国青年人口発展状況研究報告」によると、1995年時点で中国の青年(女性含む)の未婚率は15~29歳で51.54%、15~35歳で38.23%だった。これが2000年には、15~29歳で59.17%、15~35歳で40.8%、05年には15~29歳で65.89%、15~35歳で45.71%に高まった。 青年人口における未婚率が高まっている原因は、中国が経済の急成長期にあり、生活リズムが速まり、仕事のプレッシャーが強まっているため、一部の青年が結婚を遅らせていることにある。また、社会観念の変化が著しく、一部の青年は自由を好み、できるだけ自由な独身生活を楽しみたいと考え、意図的に結婚を遅らせていることも関係がある。このほか、男性の数が女性を上回り結婚できない男性が増えたため、男性の青年人口で未婚比率が高まったことも一因となっている。

 報告によると、男性の未婚率は15~29歳で72.72%、15~35歳で51.63%だった。これは15~29歳で59.12%、15-35歳で39.88%という女性の数値より高く、男性の平均初婚年齢も女性より遅いと考えられる。

中国宗教の今昔

中国は多宗教国家で、仏教、道教、イスラム教、キリスト教の4教を主要宗教とし、宗教信者は1億人余り、宗教活動場所85,000か所、宗教団体3,000余りである。

(1)仏教

紀元1世紀前後にインドから伝わり、その後「漢民族仏教」、「チベット仏教(ラマ教)」、「南仏教」の3種に分かれた。漢民族の中で宗教を信仰している人の大半は「漢民族仏教」を信仰しており、信徒数の統計はないが、かなりの人数に上る。「チベット仏教」は、チベット族やモンゴル族などの900万人、「南仏教」はタイ族などの100万人となっている。
現在、政府が許可している寺院は13,000か所。全国団体として、1953年に中国仏教教会が設立され、日本、ビルマ、インドなど20の国と交流を進めている。

(2)道教

中国で生まれ育った唯一の漢民族固有の宗教で、基本的には中国の民間で信仰している自然の神々への信仰の集大成であり、老子の道家の思想を中心にすえている。
現在も漢民族の精神文化に影響を与えている。信者数の統計はなく、道観(道教の施設)は600余り、道士5,000人余りである。全国団体として、1957年に「中国道教教会」が設立された。

(3)イスラム教

ページ

スポンサー