ブログ

皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

学区房(xué qū fáng)

中国では、義務教育の小中学校は、学区制をとっている。学区内には、1つ或いはいくつかの学校がある。しかし、学校のレベルが不均衡なため、学区を越えてでも自分の子を名門校に入れようとする保護者が多くいる。

 小中学校に入るには、その学区に住んでいることを証明する書類、つまり、戸籍や保護者の納税証明、不動産所有証明書、または、3年以上の賃貸契約書などが必要となる。そのため、一部の保護者は大金を使って、よい学校のある学区の不動産を買うのである。このよい学校のある学区の住宅を「学区房」という。したがって、「学区房」はほかの地域にある同じ条件の不動産より随分高い。これを是正しようと、いわゆる名門校はそれぞれ新しい住宅区で分校を設けるようになったが、保護者はやはり本校に入れたいと思うようである。

攀比(pān bǐ)

意味

 (自分の状況や条件を考えないで、盲目的に)高い基準と比べること。

 攀=よじ登る。

使い方

 农村过年攀比成风。

 田舎では皆、年越しの時に(豊かさを)比べている。

 孩子在学校经常互相攀比怎么办?

穿小鞋(chuānxiǎoxié) 嫌がらせ

意味

 人に窮屈な靴を履かせる。つまり、(仕返しのために)人に意地悪をする、嫌がらせをする、人を困らせる、いじめるなどの意味になります。

 由来

 古代の中国では小さい足の女性が美しいとされ、足を小さくするため纏足(てんそく)の習慣がありました。結婚する前、男性は女性の顔を見ることができないので、足の大小で女性の美しさを判断していました。花婿側は足の大きさを確認するために使った靴のサンプルで,靴を作り、結納品(ゆいのうひん)の1つとして花嫁側に送ります。足のサイズをごまかしていないことを証明するため、花嫁は結婚式の当日にこの靴を履くのがしきたりでした。花婿側はわざと小さめの靴を作り、花嫁を辱(はずかし)めるという風習があり、これを借りて意地悪な扱いを受けて困ることを喩えるようになったのです。

 使い方

老古董(lǎogǔdǒng) 古いもの

意味

 もともとは古代から残されたものや先祖が残したものを「古董」と言う。「古董」は、古い物の価値がわからない人から見れば役に立たないもので、廃棄物やごみの代名詞としても使われることもある。人を「古董」に例える場合、年を取って、働けない人や考え方が保守的な人を指す。

使い方

 没想到你还有这样的老古董。

 あなたがこんな古い物を持っているとは、思いもよらなかった。

 他想给电子老古董建一个"家"。

 彼は古いエレクトロニクス製品のために家を建てようと思う。

 爷爷说自己懂时尚不是老古董。

 おじいちゃんは(自分が)おしゃれなファッションも理解し、古い人間ではないと言った。

 这些话本来不应该由我这个老古董说。

 これら話は私のような年取った人から言うべきではない。

ページ

スポンサー