中国語会話 1日ひとつ中国語

皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

中国語会話 1日ひとつ中国語

文法モジュール 徹底実力養成コース Lesson07 介詞 解説

介詞
 介詞は「前置詞」とも言います。英語の前置詞と似ていますが,中国語の場合,介詞フレーズ全体は動詞の連用修飾語になりますから,語順は動詞の前に置かれます。

介詞+目的語  動詞
我{在图书馆}看书。
(私は図書館で本を読みます。)

常用される介詞例
 以下,常用される基本的な介詞のうちいくつかをあげておきます。

在  場所・時間「~で」「~に」我在图书馆看书。(私は図書館で本を読みます。)

离 隔たり「~から」我家离火车站不远。(私の家は駅から遠くない。)

从 出発点「~から」経過点「~を」 他从中国回来了。(彼は中国から帰ってきた。)

对 対象「~に対して」 他对这件事有意见。 (彼はこの件に不満がある。)

跟 対象「~と」「~に」你跟他一起去吧。 (あなたは彼といっしょに行きなさいよ。)

往 方向「~に向かって」 一直往南走吧。(まっすぐ南へ行きなさい。)

替 受益者「~のために」 大家都替你高兴。 (みんな君のために喜んでいる。)

给 与える相手「~に」 她给我介绍了这儿的情况。 (彼女は私にここの状況を紹介してくれた。)

文法モジュール 徹底実力養成コース Lesson06 形容詞の重ね型 解説

性質形容詞と状態形容詞
 中国語の形容詞は本来事物の属性を表すのに対し,形容詞を重ね型にすると,事物の発話時点の具体的な状況を生き生きと描写する意味になります。属性を表す,形容詞の元のままの形を「性質形容詞」,また重ね型などのような発話時点の具体的な状況を生き生きと描写する形を「状態形容詞」と呼びます。
 形容詞(性質形容詞)はいわば名詞に属性を与えてその名詞を分類しています。したがって,述語の位置に置かれると比較・対照の意味が出ます。それをなくすために飾りの“很”が必要になってきます。

  今天冷,(昨天暖和)→今天很冷。(今日は寒い。)

 さらに,連体修飾語として名詞を修飾するのも固定化した結びつきに限られます。属性に基づいて名詞を分類し新しい類名を作っているからで,類名がない場合は言えません。これに対して状態形容詞はその場の様子を描写しているに過ぎませんから,臨時的に自由に結びつきます。

  *蓝天空→蓝蓝的天空 (青い空)

 形容詞の重ね型は,この状態形容詞の主要なメンバーです。

状態形容詞の分類
(1)形容詞の重ね型
 ①単音節A→AA的
  大大的 (でっかい)    高高的 (高々としている)

文法モジュール 徹底実力養成コース Lesson06 連用修飾語と“地” 解説

1.連用修飾語と“地”
 連用修飾語にも様々な成分があります。副詞や介詞フレーズ(cardset-029参照)などが連用修飾語になる際には,何もマークはいらず,直接動詞句に結ぶのですが,一部の語句が連用修飾語になる際に,“地”を伴うことがあります。例外も多く,大まかな傾向としか言えませんが,おおよそ以下のような傾向が見られます。

(1) “地”が使われる場合
①一部の2音節形容詞
  大胆地想 dàdǎn de xiǎng (大胆に考える)
  细心地算 xìxīn de suàn  (注意深く計算する)

②動詞
  感动地说 gǎndòng de shuō (感動して言う)
  怀疑地说 huáiyí de shuō  (疑わしそうに言う)

文法モジュール 徹底実力養成コース Lesson06 様々な連体修飾と“的” 解説

形容詞が連体修飾語になるとき
 名詞や代名詞が連体修飾語になる決まりについてはcardset-006で見ましたので,ここでは形容詞・動詞・フレーズなどが連体修飾語になる際の決まりについてまとめてみましょう。
 形容詞というと,自由に連体修飾語になれそうな気がするかもしれませんが,中国語の場合実はそうではありません。形容詞がそのままで名詞を修飾する例もありますが,それはその組み合わせが固定化された慣用的な結びつきと考えます。

新书

(新しい本)

[xīn shū]

酸苹果

(すっぱいリンゴ)

[suān píngguǒ]

脏衣服

(汚れた服)

[zāng yīfu]

老实人

(誠実な人)

[lǎoshi rén]

重要问题

(重要な問題)

[zhòngyào wèntí]

多くの場合,<程度副詞+形容詞+“的”>の形,あるいは形容詞の重ね型の形にして自由に名詞を修飾することができます。文法的には,これらは「状態形容詞」相当の成分になっていると分析されます。

很漂亮的衣服

文法モジュール 徹底実力養成コース Lesson06 形容詞述語文 解説

形容詞述語文
 中国語では形容詞がそのまま述語になり,形容詞述語文を構成します。英語に引きずられて“是”などを入れてはいけません。
 さて,形容詞が述語になる場合は,普通は程度を表す様々な副詞と組み合わせた形で,述語の位置に置きます。

这间屋子非常干净。

(この部屋はとてもきれいです。)

[Zhèi jiān wūzi fēicháng gānjìng.]

这个办法比较好。

(この方法は比較的よいです。)

[Zhèige bànfǎ bǐjiào hǎo.]

这碗汤太咸。

(このスープはしょっぱすぎます。)

[Zhèi wǎn tāng tài xián.]

这件衣服有点儿贵。

(この服は少し高いです。)

[Zhèi jiàn yīfu yǒudiǎnr guì.]

ページ

スポンサー