科学技術

皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

科学技術

中国の大学の入学試験

    中国の大学の入学試験は、高校から大学に進学する試験を指している。試験は教育省の発表した試験綱要の下で、国家、或いは各省の教育部門によって統一的に問題を出す。試験の時間は毎年の67日から始まり、試験の期間が2日間または、3日間に亘る。 

中学校から高校に進学する試験

中国では、中学校から高校に進学する試験を「中考」という。中学校から高校への進学率は60%足らずで、高校から大学への進学率よりも低いことから、「高校入試」は最も難しい試験となっている。

高校入試は各地の教育部門によって、統一して問題を出される。試験の主な科目には、国語、外国語、数学、物理、化学などがある。試験は一般に毎年6月に行われる。

学生は高校入試でいい成績を取ると、いい高校に入学でき、更にいい大学に進学するチャンスが与えられ、最終的に明るい就職の見通しが保障される。高校入試の成績がよくなければ、高校に進学できず、低い文化水準の就職しかないという情況に直面する。そこで、多くの中国人にとって高校入試は運命を決める試験とされている。

中国の高校教育

       中国の高校教育は中学校を卒業して高校に入った教育を指している。その中には、普通高校、職業高校、中等専門学校がある。中国の高校教育は義務教育ではなく、学生は学費を払わねばならない。学費は各地の経済状況によって異なるが、現在は一般的に毎年数千元となっている。

中学校教育

    中国の中学校教育も義務教育であり、学費は無償で、一部の教科書代と雑費を徴収し、それは毎年約数百元ぐらいである。

    中国の中学校教育の期間は多くは3年間で、主な教科課程には、国語、数学、外国語、化学、物理、思想道徳、情報などの科目がある。最新の統計によると、現在、中学校の学校数は6万校で、在校生は6000万人で、同年齢層の子供の中学校の入学率は90%以上に達したとのことである。中国の中学校は大多数公立である。

ページ

スポンサー