中国語発音講座「u」「ü(yu)」発音のコツ

皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

「u」の音ってどんな音かご存知ですか。日本語の「ウ」じゃないんですよ。日本人の耳には「ウ」と聞こえるのですが、彼の「u」は此の「ウ」ではないのです。

発音自体は難しくはないのですが、日本人の耳には「ウ」と聞こえてしまうので、せっかく身につけても、無意識のうちに日本語の「ウ」に流れてしまうことも多々あります。これは訓練で唇に覚えさせるしかないのですが。

一方の「ü(yu)」は、日本語にはない音です。「イ」とも「ユ」ともつかない音で、身につけるまでは「はぁ?」と言いたくなりますが、日本語に類似の音が存在しない分、「u」のように知らず知らずのうちに......なんてことがないのが救いです。

発音の鍵となる部分が同一なので、本項ではまとめて解説することにします。

一般的な解説

例のごとくまずは一般的な解説を見てみましょう。

u

唇を丸くすぼめて突き出し、口の奥から声を出す。

ü(yu)

「i」の口の形から舌をそのままにした状態で唇を「u」の唇の形にして、「i」と発音する。

唇の形

「u」「ü(yu)」共に唇の形が鍵となります。とにかく唇をできるだけ丸くすぼめて突き出すこと、これに限ります。

日本語の発音にはこの唇の形が存在しません。「丸くすぼめて突き出す」というのがどのような形なのか......言葉で伝えるのは難しいですが、敢えて言えば口笛を吹く時の唇の形とでも言いましょうか。口笛が吹けない?では横笛を吹いてみてください。あの唇の形です。

唇の形さえできてしまえばあとは簡単です。「u」の音は口の奥の方から、「ü(yu)」の音は「i」の音を出せばそれぞれ「u」と「ü(yu)」の音になります。

「u」

「u」の音の解説にある「口の奥の方から」という表現がわかり難ければ「オ」と理解してください。「ウ」の音を出す、と解説されているケースも多いようですが、「オ」と理解しておいた方が無難だと思います。

「u」の音は、日本人には「ウ」の音に聞こえてしまうので、知らず知らずのうちに日本語の「ウ」で発音してしまう人が多いのです。日本語の「ウ」は中国語では「e」の音に近くなるため、日本語の「ウ」で中国語の「u」を発音すると、聞き手の中国人は違和感を覚えます。

唇の形さえ正しければ、「ウ」と発音しても「オ」と発音しても、基本的には同じ音になります。故に、「オ」と理解しておいた方が無難なのです。

「オ」と発音して「u」の音にならない場合は唇の形に問題があります。しっかりと丸くすぼめて突き出してください。

「ü(yu)」

「ü(yu)」は「u」の唇の形さえできれば簡単です。「u」の唇の形で「i」の発音をするだけです。

日本語の「ユ」に聞こえるから、と言って、「i」で発音するところを日本語の「ユ」で発音してはいけません。「ü(yu)」は「i」のように口の前の方で音を出す発音です。日本語の「ユ」の母音は「ウ」ですから、日本語の「ユ」で発音すると、音の位置が後ろへずれてしまいます。

唇の形は同じ

このように、「u」と「ü(yu)」の音の違いは音を出す位置の違いに起因します。「u」は後ろ、「ü(yu)」は前です。「ü(yu)」の音は日本語には類似のものがありませんから、「ü(yu)」の音をマスターしたら、「uの唇の形はü(yu)と同じだ」、と常日頃から意識するようにしておけば良いでしょう。

「u」と「ü(yu)」の発音はとにもかくにも唇の形が肝心です。慣れるまでは「ひょっとこみたいな唇で恥ずかしい」と感じるかもしれませんが、普通本人が意識しているほど唇は突き出ていないものなので、大胆に唇を突き出して発音練習を繰り返してください。

スポンサー