宮殿建築

皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

    宮殿建築は宮廷建築とも言う。宮殿は皇帝が自分の統治を強化し、皇帝の権利と権威を強め、精神生活と物質生活を満足させるため造ったスケールの大きい建物である。これらの建物の多くはゴージャスで、立派に見立てている。   

    秦の時代から、『宮』は皇帝及び皇族の住まいとなり、宮殿は皇帝が朝廷の政務を執る場所となってきた。その後、中国の宮殿建築は規模が絶えず拡大されている。典型的な特徴と言えば、黄金色の瑠璃瓦で屋根を敷き、綺麗な浮き彫りのある花天井を整え、漢白玉の台基、欄干、柱などで整えている。例えば、北京にある故宮の大和殿はこのような宮殿建築である。 

   
   
皇帝の権利が無上である思想を示し、皇帝の権利を核心とする等級観念を表わすため、中国古代の宮殿建築は厳格な中軸対称の配置方式を採っている。中軸線の上に聳え立つ建築はスケールが大きく、華麗で、これに対し、中軸線の両側に並んでいる建物は比較的低く、シンプルである。

   songyun.orgsongyun.org中国の礼儀思想には祖先を尊敬し、親孝行を提唱し、五穀を重んじ、土地の神を祭るなどの内容が含まれている。中国の宮殿建築は通常、左前は祖廟(太廟とも言う)で、祖先を祭る場所である。また右前は社稷壇で、土地の神と食糧の神(社は土地、稷は食糧)を祭る場所である。このような建築様式は『左祖先に右社稷』とも言う。また、古代の宮殿建築は二つの部分に分けられる。即ち『前朝後寝』である。『前朝』は帝王が執政する場所や、式典を行う場所で、『後寝』は皇帝や皇后、妃らの住む場所である。

Forums: 
スポンサー