若者婚姻の著しい変化

皆さんこんにちは、「songyun.org中国語教室」というコーナーを始めました。このコーナーでは中国に関する知識や中国語の勉強方法などをご紹介いたしますので、このウェーブサイトを有効にご利用していただき、この中国語教室が皆様のお役にたちますように心より願っています。

私も日々日本語と英語を勉強していきたいと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

スポンサー

このほど発表された「現代中国青年人口発展状況研究報告」によると、1995年時点で中国の青年(女性含む)の未婚率は15~29歳で51.54%、15~35歳で38.23%だった。これが2000年には、15~29歳で59.17%、15~35歳で40.8%、05年には15~29歳で65.89%、15~35歳で45.71%に高まった。 青年人口における未婚率が高まっている原因は、中国が経済の急成長期にあり、生活リズムが速まり、仕事のプレッシャーが強まっているため、一部の青年が結婚を遅らせていることにある。また、社会観念の変化が著しく、一部の青年は自由を好み、できるだけ自由な独身生活を楽しみたいと考え、意図的に結婚を遅らせていることも関係がある。このほか、男性の数が女性を上回り結婚できない男性が増えたため、男性の青年人口で未婚比率が高まったことも一因となっている。
 報告によると、男性の未婚率は15~29歳で72.72%、15~35歳で51.63%だった。これは15~29歳で59.12%、15-35歳で39.88%という女性の数値より高く、男性の平均初婚年齢も女性より遅いと考えられる。

香港女性と大陸男性の婚姻が増加 20年で約10倍
香港と大陸の距離が徐々に縮まって日に日に緊密になり、両地区出身の男女の婚姻が増えているという。「中広網」が伝えた。香港特別行政区政府統計処のデータでは、香港の女性が大陸の男性と結婚するケースが増加、1986年の675組から昨年の6483組まで上昇、20年間で約10倍になったという。

男性の結婚適齢期31歳、女性の結婚適齢期は25歳
北京師範大学心理学院、計世資訊(CCW Research)、百合婚恋研究院が共同で発表した「中国社会の結婚恋愛に関する調査報告」のデータによると、女性が最も理想的とする結婚相手の年齢は今年、31歳にまで上がった一方、女性の結婚適齢期は25歳から年々少しずつ下がっている。
同「調査報告」は、昨年8月から年1回の実例調査をスタート、街頭アンケート、詳細にわたる面談、オンライン・アンケートなどによる調査対象者は200万人以上にのぼった。2006年の調査結果によると、90%以上の女性にとって理想的な結婚相手の年齢は23~26歳で、30歳前後の男性を理想的な結婚相手と思う女性は約半数にとどまった。 2007年になると、30、31歳の男性に対する好感度は意外にも80%に急増した。つまり、約8割の女性にとって理想の結婚相手の年齢は30歳まで上がったことになる。

男性結婚難の原因 男女出生比率のアンバランス
この数年、中国の人口出生性別比は依然としてアンバランスな現象が続いており、第五次人口センサスの結果では、中国の新生児性別比は117:100に達している。 人口学的統計から見ると、中国の人口男女性別比の差異は顕著である。20世紀70年代以降の出生率下降と80年代以降に出生人口性別比のアンバランスの影響を受け、1970年代以降に出生した男性は深刻な結婚問題に直面している。
これから分かるように、現在或いは将来の一定期間、多くの男性が同年齢グループの中からは配偶者を探すのが難しくなる、中国青少年研究センターの陳晨助理研究員は説明してくれた。 一方、仕事のストレス、交際範囲の制約も配偶者探し難しいと指摘している。中国青少年研究センターの調査によると、58.6%の人が「交際範囲が狭すぎる」のは自己或いは身の回りの人が今も独身であることの主要な原因であると認識している。「仕事が忙しくて時間が無い」を選択した人も27.1%に達している。
青年は仕事が忙しく、交際範囲が狭く、交際に慣れておらず、同時にまた自由恋愛を信じて疑わず、「家族の紹介で見合い―独自にデート―結婚」という伝統的方式を嫌っていることも、仕事をしている青年の配偶者選択をさらに困難にしている。また女性の期待が高いことも配偶者探しが難しくなる原因の一つである。

Forums: 
スポンサー